「もし釣りが仕事の妨げになるのなら、仕事の方をあきらめなさい。」スパース・グレイ・ハックル  「最良の仕事の日よりも最悪の釣りの日の方が、まだマシである。」ニュージ
ポップアップボイリー

鯉釣りでボイリーを使っても釣れない理由とは?

ボイリーは大型の鯉がよく釣れるという話をよく耳にします。

 

私もそれを信じて、今までの練り餌を使った鯉釣りからボイリーを使った釣りへチャレンジしました。

 

しかし、実際にボイリーを使用してみると聞いた話と違ってなかなか鯉が釣れません。

 

私はある時、ボイリーを使った釣りでメーターオーバーをたくさん釣っている人に出逢いました。

 

その人にボイリーを使った釣りの考え方や釣り方を教えてもらったおかげで、今ではボイリーで90センチ台やメーターオーバーの鯉が釣れるようになりました。

 

ボイリーで鯉が釣れるようになるためには、まず鯉が餌を食べる時の特性をよく理解する必要があります。

スポンサーリンク

 

 

鯉の餌の食べ方を理解しないとボイリーでは釣れない!?

鯉は面白いもので、餌の種類によって食べ方が違います。

 

まずは、鯉が餌の違いによりどのように食べ方を変えるかをご説明します。

 

 

鯉が生き餌を食べる時の食べ方とは?

鯉が生き餌を食べる時は、吸ったり吐いたりを繰り返すのではなく、餌を一気に丸呑みします。

 

鯉釣りでは餌にタニシが使われますが、鯉がタニシを食べる時は、まるで掃除機でタニシを吸い取っているかのようにタニシを吸い込みます。

 

鯉がタニシを食べているところを上からみていると、鯉が通った後はきれいにタニシが吸い込まれてなくなっています。

 

また、タニシの他に小魚やザリガニなども代表的な餌になります。

ザリガニ
phegenbart / Pixabay

小魚やザリガニなど食べる時は、鯉はタニシとはまた違った餌の食べ方をします。

 

まるでブラックバスが餌を食べるような食べ方をします。

 

まずは、餌になる小魚やザリガニの付近まで警戒されないようにそっと近づいていきます。

 

そして、捕食できる距離まで近づいたら、小魚やザリガニを一気に丸呑みします。

 

よくシーバスやナマズなどをルアーで狙っている人の竿に鯉が掛かったなんて話も時々聴きますが、これは鯉が小魚やザリガニを食べる習性によるものでしょう。

 

ナマズをルアーで狙っていた人にスレ掛かりで鯉がかかったなんていう話も耳にします。

 

 

 

鯉が生き餌以外を食べる時の食べ方とは?

鯉は生き餌以外の餌もよく食べます。

 

鯉の餌には、主にトウモロコシ、大豆、麦、さつまいも、じゃがいも、魚粉、ミルクプロテイン、米、ぬか、パン粉などが使用されます。

 

これらを粉末状にして混ぜ合わせたものが日本でよく使われる練り餌です。

 

カープフィッシングでは、パウダーベイトといった粉末状の餌も使われます。

粉を練っている
Hans / Pixabay

鯉がこういった穀物や粉末状の餌を食べる時は、生き餌のように一気に餌を吸い込まず、餌を何度も吸ったり吐いたりしながら食べます。

 

そして、この餌は食べても安全と判断した後に餌を飲み込みます。

 

 

 

スポンサーリンク

鯉がボイリーで釣れない理由とは?

鯉は餌の種類によって食べ方を変えるという事がわかって頂けたと思います。

 

それでは、鯉はボイリーのような固形の餌と練り餌のような粉末状の餌が同時にポイントにあった場合、どちらの餌を先に食べると思いますか?

 

それは、粉末状の餌なんです。

 

鯉は生き餌を食べる場合は、本能的に一気に餌を食べますが、生き餌以外を食べる時は、吸ったり吐いたりを繰り返して食べるため、より食べやすい粉末状の餌から食べるという習性があります。

 

仮に、同じポイントに丸いボイリーと粉末状の練り餌が同時にあった場合、鯉は粉末状の練り餌の方から食べ始めます。

 

しかし、練り餌よりも吸い込みづらい固形状のボイリーは、鯉はなかなか口にしません。

 

鯉はボイリーが食べられる餌なのかをまだ学習していないので、初めのうちは警戒してなかなかボイリーを食べないんですね。

 

これがボイリーを使うと鯉がなかなか釣れない理由です。

 

しかし、栄養価やカロリー、味の面で考えれば、練り餌よりもボイリーの方が優れています。

ボイリー
ボイリー

 

なので、一度鯉がボイリーを口にするようになると、練り餌よりもボイリーを積極的に食べるようになります。

 

私の場合は、まだ鯉がボイリーを食べ慣れていないポイントで釣る場合は、まず、市販の練り餌にボイリークラッシャーで砕いたボイリーを混ぜてコマセを打ちます。

 

そして、ハリの付いた仕掛けを投入する時も、コマセを入れるPVAバッグに練り餌と砕いたボイリーを混ぜたものを入れて、食わせ用のボイリーと一緒に投げ入れます。

 

砕いたボイリーを練り餌と一緒にフィーディングすれば、鯉は練り餌と一緒に砕けたボイリーも食べるので、ボイリーが美味しい餌であることを鯉に覚えさせることができます。

 

そうすれば、今度は丸いボイリーだけをフィーディングしても、しっかりとボイリーを食べてくれるようになります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

鯉は餌の種類によって食べ方が違います。

 

ボイリーは丸い固形状の餌なので、鯉は初めのうちは警戒してなかなかボイリーを食べようとしません。

 

なので、初めのうちは鯉がボイリーに対して警戒しないように、ボイリーを砕いた状態にしてフィーディングします。

 

フィーディングする際には、砕いたボイリーを練り餌やスイートコーン、ペレットなどに混ぜたりして、それらを食べる時に自然な形で砕いたボイリーも一緒に吸い込ませるようにします。

 

そうして、砕いたボイリーを鯉に食べさせることにより、鯉にボイリーの味を覚えさせます。

 

ボイリーは美味しく、栄養価の高い餌なので、鯉は一度ボイリーの味を覚えると今度は積極的にボイリーを食べるようになります。

 

そうすれば、丸い固形状のボイリーだけを投入しても鯉はボイリーを食べるようになります。

 

今までボイリーを使ってあまり釣果が出なかった人は、砕いたボイリーをフィーディングして鯉にボイリーの味を覚えさせることから始めてみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク
>
CTR IMG