「もし釣りが仕事の妨げになるのなら、仕事の方をあきらめなさい。」スパース・グレイ・ハックル  「最良の仕事の日よりも最悪の釣りの日の方が、まだマシである。」ニュージ
ロッドポッドにセットしたカープロッド

カープフィッシングで使うカープロッドとは?

私は以前は、日本のメーカーの5メートル前後の鯉竿を使用していましたが、今は主にカープロッドを使っています。

 

一度カープロッドを使うと、5メートル前後の日本式の鯉竿は長くてとても使いづらく感じます。

 

いかにカープロッドが軽量で、長さもちょうど良くて、使いやすいかがよくわかります。

 

今回はカープロッドの特徴とカープロッドを使ったキャスティングについてご説明します。

スポンサーリンク

 

カープロッドは細めだがパワーがある

カープフィッシングの本場ヨーロッパでは、鯉専用のロッドがたくさん販売されています。

 

最近では、海外のメーカーのカープロッドが日本でも簡単に手に入るようになってきました。

 

カープロッドはロッド全体が細めの作りになっていますが、意外にもパワーがあります。

 

カープロッドは穂先が硬めで、竿の胴で鯉のパワーを受け止めるような設計になっています。

 

一見、カープロッドは硬そうなイメージがありますが、実際に使用してみるとそれほど硬さは感じられません。

鯉が掛かっているところ
pixabay

カープフィッシグでは、3号~6号などの細いラインを使用します。

 

ヨーロッパ地方の鯉は、日本の鯉とは違って太っていてとても重量があります。

 

中には20キロ、30キロという重さの鯉もいますが、カープフィッシングでは3号~6号などの細いラインを使用しています。

 

カープロッドがしっかりと力を吸収してくれるので、それだけ重量がある鯉でも細いラインで十分に釣り上げる事ができます。

 

 

スポンサーリンク

カープロッドは超遠投での鯉釣りも可能にする

カープロッドの特徴として、遠投性能が優れている点が挙げられます。

 

ヨーロッパの方の池や湖は遠浅なところが多いため、ポイントが遠くなる場合も多いです。

 

なので、カープフィッシグでは、100メートル前後の遠投による釣りも珍しくありません。

 

そういった理由から、カープロッド自体が遠投での釣りを想定して作られています。

キャストしているところ
出展:pixabay

 

カープロッドの長さは、主なものは3.6メートルくらいで、より遠投性を重視したロッドだと3.9メートルや4.1メートルといったロッドもあります。

 

素材はカーボンの比率がとても高くなっており、とても軽くて振り抜きやすい設計になっています。

カープロッド_Amazon.co.jp

カープロッド_Yahooショッピング

 

 

 

スポンサーリンク

ロッドの特性を活かしたカープフィッシングのキャスティング

カープフィッシングでは、キャスティングのフォームも日本の鯉釣りとは違っています。

 

鯉釣りは、ポイントに正確にキャスティングする事がとても大事です。

 

カープフィッシングでは、カープロッドの特性を生かして両腕を伸ばしたフォームで大きく振りかぶり、ロッドの反発力を生かしてオーバーハンドでまっすぐ振り下ろします。

 

このようなキャンスティングは、遠投時にも左右にブレないという利点があります。

 

また、カープフィッシングでは、ハリにボイリーだけを付けて釣ることも可能なため、より遠投での釣りを可能にしてくれます。

 

ハリにはボイリーだけを付けてキャストすれば、100メートルを超える長遠投での鯉釣りも可能になります。

 

カープロッドを使ったキャスティングについては、チームユーロの内藤さんがとても詳しく説明しているので、こちらの動画をご覧になってみてください。

 

とても勉強になりますよ。

 

カープロッドは、こういった性能の面でも優れていますが、ロッド自体がスタイリッシュでとてもカッコいいです。

 

たとえ鯉が釣れなくても、カープロッドを見ているだけでもとても楽しい気分になります。

 

スポンサーリンク
>
CTR IMG