「もし釣りが仕事の妨げになるのなら、仕事の方をあきらめなさい。」スパース・グレイ・ハックル  「最良の仕事の日よりも最悪の釣りの日の方が、まだマシである。」ニュージ
練り餌

鯉釣りのおすすめの練り餌は?

鯉釣りはどんな餌を使うかによって、釣果に大きく差が出ます。

 

昔の鯉釣り師は、決して他の人に自分が使っている餌を教えないものでした。

 

しかし、現在は餌の研究がとても進んだことや、ネットなどの普及によって、釣れる餌が簡単に手に入るようになりました。

 

それでも、鯉釣りは使う餌によって釣果に大きく差が出る事は今でも変わりません。

 

まずは、餌の違いで釣果にどれくらい違いが出るかということがよくわかる私のエピソードをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

鯉釣りは餌の違いが釣果を大きく左右する

私がまだ鯉釣りを本格的にやっていなかった時、近所の川で鯉釣りをしていた時がありました。

 

餌はマルキューの大ゴイを使用し、袋の裏側の説明どおり餌を練って粘りを出して使っていました。

 

また、仕掛けはよく釣り具屋さんにある赤いハリスにハリがたくさん付いている市販の吸い込み仕掛けを使用していました。

 

しかし、釣れる魚は鯉ではなく、なぜかマブナばかりです。

 

「この川はあまり鯉が釣れない川なのかな?」なんて思いながら釣りをしていました。

 

しばらくすると、私のすぐ横に鯉釣りらしき人が釣り座に付きました。

 

「ここは鯉はあまり釣れないよ・・・」

 

なんて心の中で思っていました。

 

しかし、その人が釣りを始めてしばらくすると、その人の竿に60センチから70センチくらいの鯉がどんどんかかるようになりました。

鯉が掛かっているところ
pixabay

 

当時の私にとっては、60センチから70センチくらいの鯉はとても大きく見えました。

 

その人は、私のすぐ隣のポイントで次から次へと大きな鯉を釣っています。

 

しかし、私にかかるのはなぜかマブナばかりです。

 

それを見かねたのか、その人が私に近寄ってきて、「よかったらこの餌を使ってみたら?」と言い、その人が使っている餌を私に少し分けてくれました。

 

そして、その人は、私の使っている市販の吸い込み仕掛けを見て言いました。

 

「ハリが多すぎるから、ハリを少し切って少なくした方がいいよ。」

 

「吸い込み釣りは、ハリが2本もあれば十分だよ」とアドバイスしてくれました。

 

その人の言う通りに、さっそく市販の吸い込み仕掛けのハリスを2本だけ残して、あとは全部ハリスを切ってしまいました。

 

そして、その人からもらった餌を付けて再び釣り始めました。

 

すると、数十分後には、なんと私にも60センチから70センチくらいの鯉が掛かるようになりました。

 

そして、その後も鯉がどんどん釣れました。

 

その人からもらった餌は、「巨鯉」でした。

 

その当時の私は、「巨鯉」なんて鯉釣りの餌がある事自体知りませんでした。

 

鯉釣り師は、普通は自分が使っている餌は人に教えないものですが、その人は親切に私に餌を教えてくれた上に、私に餌を分けてくれました。

 

それ以来、その人ととても仲良くなり、今でも鯉釣りの親友として一緒に釣りに行っています。

二匹の犬
pixabay

 

この例からわかるように、鯉釣りではどのような餌を使うかがとても重要なポイントになってきます。

(大ゴイもきちんとバラけるように作ればよく釣れる餌です)

 

前置きが長くなりましたが、それでは私がおすすめする鯉の練り餌をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

鯉の市販の練り餌はどれがおすすめか?

鯉釣りの市販の練り餌には、たくさんの種類があります。

 

私がおすすめする練り餌は、以下の餌です。

動物性素材中心の練り餌

  • タニシ吸い込み
  • 天下無双

植物性素材中心の練り餌

  • 鯉夢想
  • 巨鯉
  • 鯉パワー
  • SAMURAI

このあたりが市販の鯉の練り餌ではおすすめです。

 

市販の餌には他にもいい餌がありますが、私が実際に使ってみて釣果が出たのは上記の餌です。

 

市販の練り餌にじゃがいもやさつまいもを混ぜて使うのが一番いいのですが、じゃがいもやさつまいもを蒸したり煮たりするのが面倒な時があります。

 

そのような時は、市販の練り餌にホットケーキの粉を混ぜて使います。

 

ホットケーキの粉を混ぜると、とても甘い香りになり、また練り餌がまとまりやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

練り餌を作る時に大切なポイントとは?

練り餌は、作り方を間違えると思うようには鯉は釣れません。

 

鯉は練り餌が溶け出して、粉末状になってからようやく練り餌を口にします。

 

なので、練り餌を作る時は、なるべく早くバラけるように餌を作る事がとても大事なポイントになってきます。

 

しかし、ダンゴの握りやすさも考えて、水の加減を調整して作ります。

粉を練っている
Hans / Pixabay

おおよその目安としては、15分から20分くらいでダンゴがバラけるように作るようにします。

 

ウグイやニゴイなどのジャミが多い釣り場の場合は、やや粘りが出るように調整し、ダンゴの中に食わせ餌を隠すようにして餌をセットします。

 

鯉が餌に寄って来るまでジャミに餌が食われないように、釣り場の状況に応じてダンゴのバラケ具合を調整していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

寄せ餌は餌の鮮度にも気をつける

鯉釣りには寄せ餌と食わせ餌がありますが、食わせ餌よりも寄せ餌の方が重要な役割を担っています。

 

市販の寄せ餌は、ある程度の期間保存していても腐らないように作られていますが、しっかりとした状態で保存しておかないと餌の匂いが抜けてしまいます。

猫が匂いを嗅いでいる
pixabay

ジップロックなどの密封できる袋に入れて、匂いが抜けないように気をつけて保管する必要があります。

 

また、高温になる場所に保管しておくと匂いが抜けやすくなります。

 

私は市販の練り餌は鯉夢想を使う事が多いのですが、鯉夢想は量が多いので、とても1回の釣りでは使い切りません。

 

なので、開封したらまずジップロックの袋に2くらいに分けます。

 

そのうちの1つを釣り場に持参するようにしています。

 

もう1つの袋は、餌の匂いが抜けないようにしっかりと封をして、使用するまで冷暗所に保管しておきます。

 

同じ餌を使っていても匂いが強い餌と匂いが抜けている餌では、釣果が違ってきてしまいますので、餌の保管方法にも気をつける必要があります。

 

スポンサーリンク
>
CTR IMG